札幌 バドミントン 社会人 サークル です。札幌市 中央区 白石区 豊平区 西区 および 北区 東区 界隈の 学校 体育館で活動しているチームです 

札幌 フレッシュ バドミントン 部

「バドミントンで楽しく健康的に!」

札幌 中央区 白石区 豊平区 西区 の 学校 体育館 で活動している 札幌 バドミントン 社会人 サークル です

 

お知らせ



~ なぜバドミントンを選ぶのか? [2] ~

 

・きわめて効率が良いスポーツ 


 効率のよさ 

ラケットスポーツは数多くありますが、バドミントンはなかでも極めて効率が優れているスポーツといえます。
 
例えば卓球。
ボールがどこまでも転がってしまうという弱点があります。
例えばスマッシュを決めた場合、ボールを離れたところまで取りに行く必要があります。
運動量もそれなりにありますが、狭いコート内に限られ、他のスポーツ程ではありません。
 pinpon

 

例えばテニス。
ボールが遠くまで転がってしまうという弱点があります。
そのためコートからさらに離れた場所に取りに行く必要があります。
強い風や、雨が降ったらさらにプレイが過酷なものに・・・。
室内でのプレイでも可能ですが、コートが広いため利用が限られます。
tennis


 
バドミントンのシャトルは、転がりません。
スマッシュを決めても一定の位置に留まり、シャトルを取るのにほとんど時間がかかりません。効率よくゲームが進んでいきます。
このため、面倒くさがりな方でもバドミントンならおすすめです。
shuttle1




 プレイ人数 

世の中には数多くのスポーツ競技がありますが、それぞれのスポーツには難点があります。
野球、サッカー、バドミントン、バレーボール、バスケット・・・それぞれ10~18人以上あつまらなければ、ちゃんとしたゲームが成立しません。
職業が多様化する世の中で、大人数が必要というのは極めてハードルが高いです。
 
またチーム人数が多いと、その分ボールに接触する機会が減ります。
例えばサッカーでは、実際に一人の方がボールに触れる機会はそれ程多くありません。
ボールに触れずに走ってる機会が多いと、単純に疲れてしまいます。
 
バドミントンは2~4人いるだけで、きちんとしたゲームが成立します。
8人も集まれば、あらゆる組み合わせでのダブルスゲームができます。
チーム人数も1~2人のため、実際に触れて楽しむ機会が沢山あり、やりがいがあります。
  


・奥が深いスポーツ 

バドミントンは、あらゆる個性をもつ選手が活躍しています。
背が小さくても、体が柔らかく、前後左右効率よく動ける選手。
最近では「奥原希望選手」が代表的です。ヘアピンが非常に上手でリオオリンピックでも
銅メダルを取ったのは記憶に新しいです。
 
コントロールを重視する、カットを駆使する、戦術を駆使する選手もいます。

 

バドミントンは、パワーの強い人ががむしゃらに強い打球を打てば勝てる
スポーツではありません。
 
身体能力が優れた方が強くなる可能性が高いのはもちろんですが、
どのような方でも強くなれるチャンスのあるスポーツ。
それがバドミントンです。
 
shuttle2
 
これほどあらゆる点で、利点があり、かつ楽しめるスポーツがあるでしょうか?
そんな最強スポーツ「バドミントン」を、当サークルで心ゆくまで楽しんで頂ければ幸いです。