桃田賢斗選手の球の質の高さ

全日本総合選手権 桃田選手優勝おめでとうございます!

特に最終ゲーム16―11の場面での、左右への揺さぶりは圧巻でした。西本選手(準優勝)も大の字となり、事実上試合が決まった瞬間でした。

「1球1球の質がまるで違った」と対戦相手も語った、桃田賢斗選手のオリンピックの活躍がますます楽しみになります。

 

 

関連記事

  1. 本日は初心者グループの開催でした!

  2. 2018 アジア競技大会開催

  3. スタッフのささやき

  4. バドミントン女子 アジア大会団体 金メダル!